読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず食ってみる

気になるモノは食ってみる、気にならないモノもとりあえず食ってみる

青春100キロ見てきたから色々思うことを書きます。

GWですね。GWみたいな長期のお休みには普段と違うことをしたいと思ってる人、多いんじゃないでしょうか。私も同じで、せっかくだから話題の映画でも見に行こうということで見に行ってきました。

 

コナン?ちはやふるテラフォーマーズ

いいえ、青春100キロです。それしかないに決まってるだろ!

 

内容に関しては、下記ブログがこれでもかとネタバレを書いてますし、しっかりと文量もあるので、参考になるかと思います。なんの参考にするんだって感じですけども。

 

リンク先に飛ぶのが面倒な人もいると思うので、簡単に映画の内容を書いときます。

青春100キロとは

AV女優の大ファンの男が100キロ2日で走れたらその女優とやれる、というチャレンジ企画です。何をやれるかは伏せます(ばれてる!)

 

 

私は上記ブログの"ネタバレをを含みます"の部分まで見て、これはやばいやつだ!自分の目で確かめなければいけないと思い、渋谷まで行ってきました。GWの渋谷って本当に人多いですね。JR渋谷駅から歩いて、20分くらいかかるUPLINKというサブカル御用達の映画館で上映されてます。

早く着いたら

近くには、カフェマメヒコって小洒落たカフェがあるから、早く着いた時に、上原亜衣ちゃんへの思いを語ったり、見終わった後に自分なら100キロ走れるとかそういう思いを語ればいいと思います。私は時間はギリギリで(というか遅れた)後にも予定があったので、今回は行けずじまいでした。残念。玉子サンドがオススメだよ。ガレットは高くて食べ応えがない。

 

青春100キロの感想

で、そうだ、映画の話だ。内容はもうすでに語り尽くされてるから、評論家とかみたいなことは特に言わなくていいんじゃないかと思うんだよね。いい映画だったよ。見終わった後元気がでる映画って上記ブログに書いてあったけど、本当にその通りだったよ。100キロ走るケイ君に力をもらったのか、挑戦者目線では感情移入もできるし、彼の努力や力強さから勇気をもらえました。

 

だけどね、だけど気になったのは上原亜衣目線で考えた場合ですよ。お前男だし、勝手に女優目線でグダグダいうなっていうのはごもっとも。いいじゃん、そこはね。ものすごーく売れたAV女優としての彼女の最後が、ケイ君というのはどうなんだろう。もちろんケイ君にとっては一生の思い出だろうけど、彼女にとってのふさわしいフィナーレになれたんだろうか。

 

 「愛されたくてこの仕事を始めた」という涙目の彼女の全身全霊の思いに、ケイ君は答えることはできたのだろうか。否、それはきっとできていない。しょせん彼もAV女優としての消費されている上原亜衣を好きなだけで、それは愛ではなく、商品を好んで買う消費活動の一環でしかないんだろうしね。だから、それが終わった後の彼はとても清々しく一仕事終えた顔をしてたしね。彼の人生は次の好きなAV女優かもしくは新しい女性を見つけて続いていくんだけど、それは上原亜衣の引退後の第二の人生とは交わることは永遠にないだろうしね。

 

彼女にとって最後だったかもしれないけど、ケイ君にとってはその他大勢の中の一人が上原亜衣だったわけですよね。まぁ十分に羨ましくはあるわけですけども。願わくば彼女の人生がこれから幸多きものになってほしいなと感じるわけですよ。おじさんはね。あと、作中で本作の監督とは別のメインの撮影をしている監督が、少し意地悪な感じで描かれているけども、これは、監督の意図的な仕組みだろうか。AV業界もいろいろあるんだろうなぁと思った次第でしたまる。

 

 ちなみに、ちまたでは4Dとか、爆音上映とか話題になってますが、UPLINKではそれどころではない臨場感で映画を見ることができます。会場がいい意味でこじんまりとしているので、一人が笑うとつられて会場全体が笑いに包まれます。とくに今回の青春100キロは何回も笑うシーンがあるので、会場でみんなと一体感を持って笑い、楽しむことができます。家で一人で見てたら、上原亜衣ちゃんに感情移入した場合、いたたまれなくなるしね!

 

 総評:とてもいい映画なので、まだ見てない人は見たほうがいいよ。そしてカフェマメヒコにも行ったほうがいいよ。

 

見た後、下の記事に書いた浜ちゃんの渋谷店に行ってきたけど、渋谷店も大根おろし食べ放題でたのしかったよ!あと大根おろしは食べようとしてもそんなにたくさん食べれない!

 

それではよいGWを!