とりあえず食ってみる

気になるモノは食ってみる、気にならないモノもとりあえず食ってみる

ドライフルーツ食べれば痩せる?そんなことある?

f:id:tot0to:20191104174618j:plain
ダイエットの中で苦労するのは、日頃の食習慣を改善することです。その中でおすすめしたいのは、ドライフルーツです。

 

ドライフルーツは、美味しいだけではなくて、ダイエットを成功させるメリットが豊富なのです。

 

ですから、ダイエット中の間食に悩んでいる人は是非取り入れることをおすすめします。

 

今回は、そんな食べるだけで痩せるドライフルーツの美味しいだけではないメリットを紹介します。

ドライフルーツは間食の質を変えるメリットが多い

ドライフルーツをダイエットに取り入れることで、満足度が高く、普段食べている間食の量に比べて少ない量に減らすことができます。

一口で何回も噛むため満腹中枢が刺激される

ドライフルーツを食べることで得られるのは、満腹感です。

 

乾燥しているドライフルーツは、一見するとすごく少ない量に感じます。

 

しかし、果物の果実を乾燥させているためなので、本来の果実のボリュームに換算するとかなりの量になります。

間食回数を物理的に減らす効果がある

間食が減少する理由は空腹という理由以外にもあります。

 

それは、現在の体にとって不足している栄養分がある場合です。

ミネラルやビタミンが食事で十分摂取できていないと、なにかを食べることで、得ようとします。

 

わかりやすいのは、運動をしたあとに水分補給や勉強をしたあとに甘いものを食べたいという欲求です。

 

食べてもその体に不足した栄養分が補うことができなければ間食の量や回数が減ることがありません。

 

お菓子の場合は糖質と脂質が多いため、食べても十分なビタミンやミネラルを摂取することができません。

ドライフルーツは、食事で十分摂取できないミネラルやビタミンが豊富なので、体が不足している栄養分を手軽に取り入れることができます。

そのため、満足度が高く、必然に間食の量や回数が減少するのです。

ミネラル・食物繊維豊富で痩せやすい体質へ改善

ドライフルーツには豊富なミネラル・食物繊維が豊富です。

 

ビタミンも豊富ですが、乾燥という工程を挟んでしまうため、生よりも劣ってしまうことがあります。

 

しかし、ミネラルや食物繊維は乾燥によって損なうことはありません。

 

食事では摂取しきれない、ミネラルや食物繊維を手軽に補うことができるのもドライフルーツの魅力なのです。

食物繊維で得られるダイエットを助ける効果

食物繊維の働きは、腸管を綺麗にし、善玉菌が増やしやすい環境に整える効果があります。

これは食物繊維が腸管まで消化されず、通過の際に腸内にこびりついている脂をしっかり吸収する効果があるためです。

 

加えて善玉菌の餌にもなるので、食物繊維を摂ることで痩せやすい腸内環境維持に役立ってくれます。

 

アメリカの研究では太っているマウスの腸内環境の菌を痩せている健康体のマウスに移植したところ、激太りしました。

逆に痩せている腸内環境の菌を太っているマウスに移植したところ、同じ食事でもみるみる痩せたということから、善玉菌を増やす食事は非常に大切です。

 

 

ですが日本人は食物繊維が不足しており、食事以外で食べることが望ましいですが、それが手軽にできるのがドライフルーツのメリットなのです。

ミネラルが非常に豊富

ダイエットにはミネラル不足を解消することも大切です。

特に、血液の材料になる鉄分、エネルギーの分解酵素の材料になる亜鉛、血流を良くする作用を持っているマグネシウムを手軽に補うことができます。

 

本来なら、果物を食べることで摂取できますが、十分な量を摂取するとなるとかなりの果実の量を食べる必要があります。

 

ですが、ドライフルーツの場合は、乾燥しているため、十分量の果物をたくさん食べることができます。

 

ミネラルは乾燥しても壊れることがないので、非常に効率的なのです。

ダイエットにおすすめのドライフルーツ

f:id:tot0to:20191104174620j:plain

ドライフルーツには食べるだけで、栄養面でも間食の回数を減らし、満足度が高いことがわかりました。多くのフルーツの種類がある中でおすすめを紹介します。

満腹感を得たいおすすめのドライフルーツ

満腹感を得たいなら、元々の果実が大きめの果物や食物繊維が多い果物を選ぶのがポイント。


これは、噛みごたえがある果物のほうが、意識しなくても食べるときに噛む回数が増えるので、満腹感が得やすくなるためです。

 

加えて水分を含むとお腹の中で膨れるため、腹持ちが良いメリットがあります。

元々の果実が大きめという基準で選ぶなら、桃やパイナップル、食物繊維の多さならマンゴーやあんず満腹感を得やすい果物になります。

 

甘さや食べごたえがあるドライフルーツ

甘いものが大好きで、どうしても我慢は無理という人は、味の濃厚さで満足感を得ることを考えていてフルーツを選ぶのがおすすめです。

 

果物の種類ならプルーンやバナナ、アプリコットやりんごなどがおすすめです。

 

注意点は、砂糖が加えられていないものを選ぶことです。

 

甘さや食べやすさを重視してしまう人は、砂糖が加わった物を選んでしまいがちです。これは逆にカロリーを多く摂取してしまう原因になるので避けることが大切です。

まとめ

ドライフルーツは、満足度が高い間食であり、取り入れることで回数を減らすことが可能です。

 

その理由は、食物繊維とミネラルが豊富なため、体が不足している栄養分を補うことができるからです。

 

ダイエットに不可欠な栄養分を摂取ができ痩せやすい体を作ってくれる完食としてドライフルーツがおすすめです。