とりあえず食ってみる

気になるモノは食ってみる、気にならないモノもとりあえず食ってみる

日本マッサージソムリエへの道1 むさしリラクゼーション戸越銀座編

マッサージ。それは今日までの感謝、明日への希望。疲れたサラリーマンを極楽浄土へと導く最短ルート。そんなマッサージ(エロくない方)の酸いも甘いも吸い尽くし、ちゅーちゅーしちゃおうというのが、日本マッサージソムリエの趣旨です。ちなみに私は、29才女会社員 肩こり歴20年でやらせてもらっています。

 

今回は第一回目。日本の元気な商店街、戸越銀座商店会にある「むさしリラクゼーション戸越銀座」にいってきました。コースは、ふくらはぎ30分+全身60分+ヘッド10分の100分 7130円!初回だから奮発してしまったぜ。

beauty.rakuten.co.jp

 

総合評価 平均点:2.73 (3点満点)

  • 施術前評価
  • └店舗の清潔さ 2
  • └接客態度 3
  • └トイレの綺麗さ 3
  • └室内温度 3
  • └周囲の環境(話し声・環境音)2
  • 施術評価
  • └タオルの清潔さ(湿り気・臭い)3
  • └力加減 2
  • └ツボ的確 3
  • └技術の幅 3
  • └気配り 3
  • 施術後の回復度 3
  • その他サービス 3
  • コスパ 2
  • 予約の取りやすさ 3
  • アクセス 3

強めマッサージ好きは一度いって損はない

担当は男性の方(多分台湾の方なんだと思う)でした。細身だったので、力加減どうかな〜と不安だったけど、ファーストタッチの時点で
「大当たり!!!」と確信。指が細いせいか、ツボの奥までググッと入ってくるので、強めの力加減と合間って、かなり効きます。
また、同じ箇所にアプローチする際に、最初から最大出力で押すのではなくて、最初は弱めでほぐしてからだんだんと強めに変化します。
いきなり最大出力だと耐えられないけど、徐々に慣らしてくれるので、最終的にかなり強い力で押されても、痛く感じません。凄技。

力加減を2にしてるのは、首を押されている時に若干強すぎるなと感じたのと、足の裏へのアプローチが指ではなくて、腕だったのでちょっとが物足りなくて-1しました。

最後に、力加減について加えておきたいのが、マッサージおきまりの「力加減どうですか?」のおうかがいが、マッサージ部位が変わるたびに頻繁に確認してくれたこと。
だいたい序盤に一回聞かれて終わりってことが多いけど、今回3,4回聞かれて、場所によってはもっと強くしてほしい!ってこともあったので、かなり嬉しかったです。
そのため、気配りも3にしています。

アジア特有のストレッチも、短時間だけど満足度高し

背面が終わったタイミングで、上下半身をひねるストレッチが入ったのですが、これがかなり伸びてよかった。
腰をボキッと鳴らされることもなく、徐々にストレッチがかかる形で、4回同じ方向に伸ばされました。
かなり腰と体側が伸びて、姿勢がよくなる感覚がありました。

一回もツボをミスらなかった

特出したいのが、首〜頭の付け根にある目のツボが集まっている部分。
ここって、下手な人は本当に下手で、指折ったろうか?って思うけど、今回は一寸たりともずれずに完璧でした。
おかげで、目の疲れと頭痛が大分改善された。

付け加えるなら、お尻もしっかりツボを抑えてくれていたこと。
座りっぱなしで、大臀筋の上半分〜大脚筋超膜筋〜小臀筋がかなり凝っていて、お尻がいつも冷たいのが悩みなんだけど、今回で大分ほぐれてお尻の冷たさも軽減されました。

感動ポイント

タオルがまっっっったく臭くない!
マッサージ店のタオルって、だいたいちょっと湿っていたり臭ったりするイメージだけど、ここのタオルはマジで臭くない。
あとなんか、めっちゃふわふわしてた。多分、一般的なマッサージ店はよく美容室がつかっている茶色いフェイスタオルがおおけど
ここのタオルは、ジェラビケみたいなふわふわモチモチのタオルでした。掛けられて気持ち良いタオルって良いよね。

 

まとめ

初めてのお店で7000円使うのは結構不安もあったけど、口コミも結構よかったので、それを信じてえいやで行ってみてよかった。
唯一のマイナスポイントといえば、ヘッドマッサージは別になくてもいいかなって感じだったこと。10分が一瞬すぎて、あまり頭のツボが押されなくって、どっちかというと顔の目周りへのアプローチが多かった。


頭痛があったので、もっと頭触って欲しかったので若干不完全燃焼でした。ヘッド専門以外のところで、ヘッドが気持ちよかった経験ってないので、開拓していきたいな〜。
ということで、色々書きましたが、強めマッサージがお好みの方はぜひ一度お試しする価値はあるのではと思います。戸越以外にも、武蔵新田にも店舗があるみたいです。
以上!

お金が貯まる家計になるためにまずやるべき4つのこと

去年は年収の7割ほどを貯金しました。

こんにちはみなさんお元気ですか。

 

最近友人たちも結婚したりで、貯金や投資について相談されることが増えてきました。

 

積み立てNISA?iDeco?確定申告?ふるさと納税?

 

テレビで見たのかネットニュースで見たのか、そういう単語についてどうしたらいいか聞かれます。

 

断言します。お前にはまだ早い!

 

まずやるべき、最低限のこと、合計4つを書きましたので、まずは確実にやっていきましょう。

 

1.現金払いをやめる(クレジットカードを作る)

だめです。現金。なにもいいことがありません。

 

クレジットカードを使いましょう。

クレジットカードのポイント還元が1%未満のカードしかない場合は、楽天カードを作ってください。

フリーターでもつくれる審査ゆるゆる安心カードです。

VISA、MASTER、JCBから選べますが、VISAにしてください。理由はググってください。

年会費がかかるゴールドやプレミアムカードがありますが、無料のカードでいいです。

 

パンダがついてる柄かピンク色がいいか選べますが、好きにしてください。

 

クレジットカードお持ちであれば、次はコード決済も準備しましょう。

Yahooカードを持っている:PayPay

LINE VISAカードを持っている:LINE PAY

上記どちらのカードも持っていない:楽天ペイ(楽天カードを作るからね)

 

コード決済は対応するクレジットカードを持っていないとチャージするのが不便です。

不便な点を残すとやっぱり現金がよかったとかいうでしょう。

 

不便じゃないんです。あなたの準備が足りないんです!

 

しっかり準備して、現金払いをやめましょう。

2.携帯電話を格安SIMに変更する

ahamoやソフトバンクが格安プランをだしてますが、まだまだ高いので下記のいずれかにしてください。

・LINEモバイル

・楽天モバイル

・DMMモバイル

 

どれもそんなに値段が変わらないので好きなのを選べばいいかと思います。

月の支払いを2000円程度まで下げれるので、今の契約より5000円くらい値下げになる人が多いんじゃないでしょうか。

年6万円節約ってすごいよね。

3.電気を大手電力会社から変更する

東京電力や関西電力から電機会社を変更しましょう。

ここでもクレジットカードが必要になるので、楽天カードは作っておきましょうね。

 

電気の検針票とクレジットカードが準備できたら、電気変更などで検索してください。

 

Amazonギフト券がもらえたり、色々初めだけ安くなったりしますが、2年~5年契約した際にお得になるプランにしましょう。

4.サブスクを見直す

使っていないサブスクを解約しましょう。

無駄です。

Amaznプライムをずっと契約している人はいったん解約してHuluやNetflixを契約してみましょう。

 

初月無料などあるのでお得に同様のサービスが受けれます。

 

 

以上4点。この4点もできない人はNISAやふるさと納税は絶対にできません。無理です。

 

まずはできるところから、簡単なところからやっていきましょう。

 

今年はお金貯めるぞ~。

神社と年越しそば

〜お知らせ〜

今年から可能なかぎり日常のなんでもなかったことを過剰にエモく書くエモい日記を始めます。応援大歓迎です。

〜お知らせ終わり〜

 

中学の同級生のS君は家の横が神社で、お正月は必ず家族全員で神社にお参りをするのが習慣と言っていた。

 

どんなに夜更かしをして年越しで遊んだとしてもお正月のお参りする時間だけは家族が全員揃うそうだ。

 

年末年始の恒例行事みたいなのがない家に育った私はうらやましくもあり、少し彼の気持ちになったりしてめんどくさいなと思ったりもした。

 

今年も律儀にS君から年賀状が届き神社の話を思い出した。

 

少し時間を戻して年を越す少し前、大晦日の22時頃から家でそばを打ち始めた。

 

「絶対に自分で買わないものをプレゼントするから期待してくれ」

 

まだ暑い秋口のある日、大学の同級生から結婚祝いに送られたのはそば打ちセットそば打ち太郎だった。

めん打ち太郎 包丁付 60cm 16467

めん打ち太郎 包丁付 60cm 16467

  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

いらねーと思いつつ、一度もそばを打たないで捨てるのは友達の行為をむげにするようでできなかった。

 

秋口から冬になり、今年は年越しをどうしようかと考えていたら、そば打ち太郎が売ってくれと言わんばかりに存在感を出してきた(そもそもでかいのですごく存在感がある)

 

楽天で二八そばの粉を買い、大晦日に備えたというわけだ。

 

そば打ちは思ったよりも大変で出来上がったそばはふぞろいに太く、ぶ厚くで箸で持ち上げるとぶちぶち切れた。

 

ぐるぐる手で回す製麺機を買おうか悩むくらいそば打ちは難しかった。

 

はじめはそば打ち太郎をいつ捨てるかしか考えていなかった妻も、そばを打つうちに、来年はもっと上手に打てるようになりたいね。

 

そば打ちの練習にいきたいね、とどんどんそば打ちの魅力にはまっていくようだった。

 

 

「なんで年越しにそば食べるの?」

 

『長いものを食べて長寿を祝うらしいよ、あと低GIだから夜食べるのに体にいい』

 

そう言いながら短いボソボソとしたそばを二人で食べた。

 

来年はもっと上手にそばが打てるだろう、次の年はもっと、その次はさらにもっと。

 

S君の実家の神社参りじゃないが、我が家にも毎年の恒例行事ができそうだ。

 

長く綺麗なそばが打てる頃には二人ともすっかり年をとっていることだろう。

 

その後Youtubeでそば打ち動画を見ていたら寝落ちしたので、後片付けに全く参加せず怒られました。めでたしめでたし。

いのちスケッチという電通の地方創生映画を見たので感想をつらつらと書きます

f:id:tot0to:20191230221616j:plain

いのちスケッチとは福岡県大牟田市の実在の動物園と、実在の没漫画家をくっつけてフィクションにした映画である。

 

関東近郊では、12/30現在、関内の横浜シネマリンでしか見ることができない映画である。

 

福岡県大牟田市出身の私としてはいてもたってもいられず、前売り券を買ったはいいものの、なかなか見に行ける時間に上映していなく、ようやく見ることができた。

 

会場は関内駅から歩いて10分の雑居ビルの地下一階。幅の狭い階段を恐る恐る降りていくと白を基調にした綺麗なミニシアターが現れる。

 

入り口で売っていた燻製のミックスナッツが美味しそうだったけど、晩御飯は孤独のグルメにもでた行きつけの中華料理屋にいくことを決めていたから我慢した。

 

5、60人でいっぱいになるだろう座席は三分の一ほどが埋まっており、方々で福岡のどこ出身か、大牟田市に行ったことがあるなどといった地元話に花が咲いていた。

 

そりゃそうだ、大牟田に関係のある人じゃないと場末の映画館まで話題にもなってない映画を見に来る人はいないだろう。

 

御多分に洩れず私も、私に連れてこられた妻も大牟田の関係者と言えるだろう。

 

映画は始まった。シネコンと違い見たくもないCMを延々と見せられることはなく、一風変わった映画の予告が数本流れ本編が始まる。

 

主人公の漫画家志望の青年が暮らすぼろアパート。おっさっそく大牟田か!どこだどこだ、と思ったらスカイツリーの遠景がうつされがっかりする。

 

物語は淡々と進んでいく、大牟田のゆめタウンで中学生がカツアゲされている姿や、商店街がすべてシャッター街になっている姿は出てこない。

 

築町の誰もいないイルミネーションも(今年もやってますかね?)大牟田川のゴミも出てこない。そこに出てくるのはキラキラとした海岸線と、静かな街並みだけだった。

 

見終わった後、大牟田に帰りたくなる人や、行ってみたくなる人ばかりだろう。ツイッターで検索するとニュースがひとつ出てきた。

 

「いのちスケッチ」効果 吉田 賢治|【西日本新聞ニュース】

炭鉱閉山後の寂れゆく市ではなく、人と動物の命に優しい市として描かれた古里の姿に「こんなにいとしいまちなのか」と多くの市民が自信を取り戻した。

 地域活性化が目的の「ご当地映画」は全国で花盛りだ。もちろん興行なので収益を上げる必要があるし、その成否は経済効果の大きさで判断される部分もある。ただ「いのちスケッチ」は経済効果以上に、市民への心理的効果が大きいと感じている。

 

たしかに、そうたしかに!

 

言いたいことは全てニュースの記事が言ってくれていたので、以上です。